読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.Childrenの「HERO」の歌詞解釈。

Mr.Childrenの「HERO」
大好きな曲の1つです。 IMG_0888
今日は私の大好きな「Mr.Children」の話。

この前「名もなき詩」の歌詞解釈を書いたのですが
今日はMr.Childrenの「HERO」という曲の歌詞解釈を少々。

まあ、聞いて下さい笑
 
 
いい曲だ笑
この「HERO」という曲の最後の部分に
 
「ずっとヒーローでありたい
ただ一人 君にとっての
 
ちっとも謎めいてないし
今更もう秘密はない
 
でもヒーローになりたい
ただ一人 君にとっての
 
つまずいたり 転んだりするようなら
そっと手を差し伸べるよ」

という歌詞がでてきます。 
この部分について考えたこと。

なぜ、「でも」という接続詞なのか?
 「でも、ヒーローになりたい」とはどういうことなのか。
この部分がいつもひっかかっていました。

しかし、「でも」が使われている意味が
前の歌詞の部分を読むことでやっと理解が出来た。

前の部分とはこれ↓

「ちっとも謎めいてないし
今更もう秘密はない」

という部分ですね。ここについてもう少し詳しく書いていきます。

世間一般の「ヒーロー像」とは?
世間には色んなヒーローがいますね。
スパイダーマン、戦隊物のヒーローなどなど

こういった「ヒーロー」たちに与えられる設定として
「正体がバレてはいけない」 
というものがよくあります。

ここで気づいたことなのですが
世間一般の「ヒーロー」と呼ばれるものは

「謎めいていて、秘密がある」

人達が多いっていうことなんですよね。 

だからこそ「けど、ヒーローになりたい」
わけなんです。
 
つまり、この歌詞の部分には

「私はあなたのことを愛しているから、全てをさらけ出してしまって
今更秘密や隠し事なんてないから、ちっとも謎めいていない。
これは、世間一般で言われるヒーローとは程遠い。
けど、ヒーローになりたい。」

という意味が込められているわけです。

いい歌詞ですね。
私もこの歌詞のように1人の人にとってヒーローであり続けたいなあ。
以上、Mr.Children好きの自己満足の記事でした笑