読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「辛い、苦しい」なら逃げていいと思う

考え、ネタ
「辞める勇気」ってすごく大事なんだけど

「続ける」と「辞める」の決断の基準はどうあるべきか  a0002_011013
この前「辞める勇気」について考えてみて
「辞めることは可能性を広げること」なんだと書いたんですが
それでも「辞める」ことって本当に勇気がいりますよね。

「せっかくここまで続けてきたのに」
「あと少し頑張ったら結果が出るかも」 
こんな考えが浮かんできて
辞めることに抵抗がでてきます。

こんな「辞める」と「続ける」の判断で迷っている時の
1つの決断基準にするべき考え方があります。
それがこれ↓
続けるか続けないかの基準は「面倒くさいと感じるか」「嫌だと感じるか」との違いである。「面倒くさい」と感じたことは続けていくといいことがある。しかし、「嫌だ」と感じることを続けていてもその努力は報われないことばかりである。 ―twitterのタイムラインより 
これ、本当にそう思います。
例えば、私の場合はダイエット。

これはすごい面倒臭かった。
けど続けて本当に良かったと思っています。
フルマラソンを完走出来るようになったし
自分に自信が持てました。

一方、就活。
これはすごい嫌でした。
それでも無理矢理続けていたら
ひきこもりになってしまいました。 

「心が嫌だと感じること」を無理して続けていたら
体を壊します。そうなる前にやめてしまえばいい

「辛いから辞めるなんて甘い」なんていう人はほっとけばいい
辛くて続けている努力なんてのは報われない。

無駄な努力はやめるべきです。

逆に、自分のやっていることが「嫌」ではなく 
「面倒くさい」だけなのなら 結果が出るために
頭で考えること。これが大切なんじゃないだろうか。

▼関連記事
「辞める勇気」の必要性
http://running-traveler.blog.jp/preview/edit/c913af54abac238616a10e8970f6ca8f