読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラマラソンを完走するために大切なこと(技術面)

飛ばさない、コース確認、坂道は歩いてもいいと割り切るの3つ この前、「ウルトラマラソンを完走するために大切なこと(精神面)」と題して、ウルトラマラソン完走のために大切な精神面の考えをつらつらと書いてみました。

確かにウルトラマラソンを完走するためには精神面がものをいうのは間違いないんですが、それは100㎞走り切ることが出来る体づくりが出来ていることが大前提なんですよね。気合だけじゃ完走なんて到底無理だと思います。

それで今日は、ウルトラマラソンを完走するために大切なコースの走り方について考えたことを書いていきたいと思います。ウルトラマラソンに参加される方は参考にしてみてください。

1.飛ばしたい気持ちを我慢する
普段走っているペースよりかなりゆっくりのペースで走ります。 だから最初は「こんなゆっくりのペースで走っているんだから疲れるわけない」と考えてしまいます。だから、もう少しペースを上げてもいいだろうと安易に考えてしまうんですが辞めましょう。

私は完全にこのパターンで自滅しました笑

どんなにゆっくり走っても10時間以上は走り続けるのでペースは抑えないといけません。コースを熟知していてレース運びをしっかりと理解している人意外は飛ばしたい気持ちを我慢したほうがいいと思います。10時間以上の長丁場なので何が起こるかわかりません。

2.コースをしっかり確認する
コースの下見とはいかないまでも、コース図をしっかりと見てコースを想像しましょう。特に意識するのは坂道がどのくらいあるのかという点です。

坂道はかなり疲労がたまりました。普段坂道を走っていない人にとってはかなり辛い場所になると思います。あとどのくらい坂道が待っているのかをしっかりと把握して、レース運びを考えましょう。

それを考えないと心が折れます笑

3.坂道は歩いてもいい
坂道は辛かったら歩きます。普段平らな道しか走っていない人は、坂道を登る筋肉がついていないのでかなり辛いです。私は辛すぎて泣きました笑

なので坂道は辛かったらしっかり歩きましょう。優勝者(タイム8時間程度)の方も、坂道では歩いていましたので坂道は歩くことはかなり大切なことです。 

記録のことは忘れ、一歩一歩前に進むことが大切です。ゴールは動かないので前に進めば確実にゴールまでの距離は縮んでいきます。 


以上のことが完走に向けた大切な技術何じゃないでしょうか。これは完全に私の実体験からの感想です。初めてのウルトラマラソンはわからないことだらけですが少しでも不安を減らして大会に望みましょう(^O^)/

▼私がウルトラマラソンに向けて行ったこと
http://running-traveler.blog.jp/archives/11402550.html