読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョギングのために「AppleWatch」買うのを辞めるべき理由

ジョギング
今の自分のジョギング環境には必要無かった!  2014-0912_apple_watch_news-1
以前「AppleWatchを買おうか検討中」でジョギング環境のために「AppleWatch」を買おうかどうか悩んでいたんですが、結局色々考えた結果「今の自分には必要ないなあ」という結論に至りました。

詳しい機能もスペックもわかっていないんですがあまりにもジョギングで使うには、費用対効果が低すぎるなあというのが現状です。ジョギングで使いと思っている人は、GPSウォッチを買ったほうがいいと思いますよ。

AppleWatchを辞めた訳
そもそも私が「AppleWatch」を購入しようか迷っていた理由は色々ありました。「新しいものが欲しい」、「もっと手軽に音楽を聴けるかも」、「ジョギング環境を変えてくれるかも」などです。けど色んな理由を切り捨てていって本当に欲しい一番の理由を考えた時、私が「AppleWatch」に求めていたことは

「ジョギング環境をより快適にして記録の向上に貢献してくれること」

だと気付いたんですね。それを考えた時「AppleWatch」には多くの懸念がありました。それが以下にあげる

・ジョギングの計測アプリ起動時の電池の持ち時間があまりにも疑問
・ジョギング以外の要らない機能も入っている(それによる値段の高騰化)
GPSによる距離測定が可能かどうかが不明
・可能だったとしてもiPhoneも持ち歩かないと出来ない可能性が高い
・そもそもGPSの精度が悪い可能性が高い

という点です。こんな不安要素沢山の「AppleWatch」を購入するのならば、もっと少ない金額で「ジョギング記録の向上に貢献してくれる」GPSウォッチを購入した方が利口な選択だとわかりました。その理由をもっと詳しく書いていきます。

AppleWatchは結局ジョギング機器ではない
結局「AppleWatch」は生活家電です。そのためジョギングのために作られた「GPSウォッチ」に性能で勝てる理由が無いというのが現状での結論です。
 
電池の持ち時間ですが、 これはフルマラソン出場等を考えているならアプリ起動をして、GPS測定を行っても8時間は持つ位余裕は欲しい。あと毎日充電しないといけないようでは、いざ走りたいときに電池不足で使えない可能性は高い(経験あり)。

値段ですが、詳しくはわからないけれど3万5000円以上はするらしいです。それぐらいのお金を払えばより高性能(電池面、GPS精度等々)なGPSウォッチを購入することは可能です。

GPS性能ですが、使ってみないと何とも言えないけど、GPSウォッチを超えることはない。それは先ほど述べたように「AppleWatch」は結局はジョギングのみを目的として作られていないからです。

以上のような理由から、「AppleWatch」購入は断念することにしました。

今後の発展に期待
今回は購入を断念した「AppleWatch」ですが、この「AppleWatch」が起爆剤になってウェアラブル端末市場が活性化してくれれば、GPSウォッチを超える「ジョギング端末」が出てくることになります。

そのことを願って、「AppleWatch」の活躍に期待します!

あと、この購入断念は発売前に決めたことなので、実際に発売されてみてGPSウォッチよりよい製品だとわかればすぐにでも購入したいと思います笑

▼関連記事
というわけでGPSウォッチ購入しました
http://running-traveler.blog.jp/archives/12991360.html