読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私がダイエットする上で辛かった3つのこと

ダイエット
やっぱり最初は苦しかったダイエット。
  a1180_009195
ダイエットって自分に自信を持つためにはもってこいの手段です。
しかし、私がダイエットをするにあたって辛いことが結構あった
今回は辛かった3つのこととその切り抜け方を紹介したいと思います

これからダイエットをしたい人、今悩んでいる人の支えになったら幸いです。

1.体重のが無い時期がある
いわゆる倦怠期ってやつですね。
ダイエットを始めると2,3kgはすぐに体重が落ちます。
だから、ダイエットなんて簡単じゃんと思ってしまうんですがある時期を境に全く体重が落ちなくなるんですね。

この期間が非常に辛かったです。
だって、努力してるのに結果が全く見えないから。

俺ってなんのために頑張ってるんだっけ?
ってなります。
この時期にダイエットに挫折してしまう人って結構いるんじゃないだろうか。

この時期の乗り越え方としては
基本我慢しか無いんですが、倦怠期がきたってことは

ダイエット成功は目の前まで来てる
と信じることですね

色んな方のダイエットブログを読んでいても倦怠期の話は必ず出てきます。
つまり、倦怠期が来たってことはダイエット成功まであと少しなのでそれを励みにダイエットを続けてみてはどうでしょうか。きっと成功します。

2.体の変化が最初は全く見えない
はいそうです。体重は減るものの体の変化が全く見えません。
これも、非常に辛かった。

いつになったら変われるのかイライラします。
不安になります。
ダイエットなんて辞めたくなります。

この切り抜け方は、
半年だけ我慢して、それ以上やって変化がなかったらダイエットを辞めると決めること
ですね

いつまでも続くと思うから辛い。
それならいっその事、期間を決めてしまえばいい。
どれだけ辛くても半年で終わるのなら続けられます。

半年が辛い人は3ヶ月でもいいです。
とにかく期限を決めましょう。

ただ、あまり短い期間にしすぎるのはダメです。
そんなに短期間で体は変わりません。
実際私は、5ヶ月目程で変化が目に見えてきました。

3.食欲を抑えないといけない 
今まで食べ過ぎていたので、食べる量を減らすと

え?これだけしか食べられないの?
って思うんですよね笑

もっと食べたくて仕方なくなります。
これに対する私の切り抜け方は

食後1時間経って、それでも食べたかったら食べる
というルールを定めることでした。

食後すぐって中々お腹いっぱいにならないんですよね。
けど1時間待ってみると結構満腹感が得られていることがあります。
だから、食後1時間だけは我慢します。

これが結構有効でした。
本当に1時間待ってみると食べたくなくなるから不思議です。

まとめてみると
まとめるなら、ダイエットは最初は我慢ですね笑
最初は辛いですが、乗り越えれば楽しいことばかり
是非ダイエット頑張りましょう。

最後に、ダイエットの励みになる言葉を1つ
「忍耐は苦い、しかしその実は甘い。」 

それでは!