読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活の悩み。「やりたいことが無い」なんて当たり前だから気にするな。

「やりたいことを見つけろ」って言われても「無い」ことが普通だろ。 就活をしていてよく聞かれることの1つに

「将来の夢は?」

なんて質問があります。
私はこの質問が嫌で嫌で仕方がありませんでした。

夢なんてなかったし
やりたいこともなかったし
正直に言って答えられませんでした。

そして、夢のない自分が嫌で嫌で仕方がなかった。
「夢のない自分はダメだ」
「なんで自分にはやりたいことが無いの?」

などと考え、やりたいこと夢を必死に探して
自分を追い込んでいました。
その結果、就活を放棄してひきこもりになるんだけども

でも、今思うことは「やりたいことが無い」なんて当たり前
ってことです。
就活で「やりたいこと」が無くて思い悩んでいる人のために
「やりたいことが無い」ことについて書いていこうと思います。

やりたいことなんて無くていい
そもそも、「やりたいことを見つけろ」
なんて言われるようになったのはここ最近の話です。

昔は、生きるために「やるべきこと」がたくさんあって
「やりたいこと」について考える暇なんてなかった

狩り、耕作、洗濯、掃除などなど
こういった生きるために「やるべきこと」こと
をやっていたら1日が終わっていました。

しかし、文明が発達するにつれて人間は
この「やるべきこと」の作業時間を短縮してきました

1日かけてやっていたことが半日で出来るようになり、
それが6時間で出来るようになっていくわけです。
その結果、1日で使える時間が増えていって

「やりたいこと」に使える時間が増えていき
「やりたいこと」を考えざるを得なくなった。

つまりですよ、長い歴史からみると
人間が「やりたい」ことを考えるようになったのは
ここ最近の話なわけです。

そう考えると、本来人間は
やりたことを考える、見つけるようには出来ていない
だから、やりたい事なんか無くても悩まなくていい。
という結論になります。

だから、「夢のない自分」「やりたいことが無い自分」
を嫌いにならず気楽に考えて見てはどうでしょうか?