読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職浪人はチャンス!世界を広げよう!

就職浪人は不利?そんなのデタラメだよ。人生目線で考えると良いことしか無い。 就職浪人ってどういうイメージですか?
「内定をもらえなかった人」、「就活浪人は不利」、「甘え」、「辛い」・・・・などなど
そんな言葉が 聞こえてきそうですが、

それって結局、就活を最終目標に見た時の考え方ですよね。 

 私は就職浪人したけど、メリットしかなかったと断言できます。
確かに、就職浪人して内定をもらえずひきこもりになりましたけど笑

でもやっぱり辛かったけどメリットしか無いですね。そう、就職浪人は人生を生きることを目標に考えたら良いことしかありません。 

 
就職を目的とした時の世界の狭さ 
 新卒で就活をしてると周りは同じレールを歩いてきた人ばかりなので、自分の視野が全く広がりません。もちろん、留学した人だったり、起業したって人だったり、色々な経験をしている人がます。けど、新卒として就職活動をしているという点において全く同じなわけです。結局は新卒として就職するわけなんだから、世間一般に言われているレールの上を歩いている人しかいません。
そういった人としか出会ったことがないということは、人生にはそういうレールしか無いと思ってしまう危険性があります。


世界が狭いことによる危険性 
今自分が生きている世界が たった一つのレールとしか見えないことは大変危険です。就職浪人して内定ゼロで絶望してしまった私もそうだったのですが、世界が1つしか無いと勘違いするとそのレール上で失敗してしまうと「人生詰んだ」と感じてしまいます。でも実は世界っていうのは1つじゃなくて、レールはいくつも伸びています。
そんなこと言ったって言葉ではわかってても理解できないって言われそうですが、それは当たり前です。それはなぜか?それは「同じレールを歩いて生きてきた人としか出会ったことがない」から、または「違う世界に飛びたす勇気がない。」からです。
 
 とっとと世界を広げよう
就職浪人するか悩んでる人がいるならぜ挑戦してみたらいい。そりゃ辛いことだらけだし、私みたいに辛さから逃げ出してひきこもりになってしまうかもしれません。けど、人生というものさしで就職浪人という経験を見た時、マイナスとなる要素は全くありません。
レールの上から外れることが怖くなくなり、何にでも挑戦していける勇気が持てるようになります。自分の知らない世界に踏み込むことが簡単になります。
大人しく就職してレールから外れるのを恐れて生きていくか。就職して苦しい思いをしてでも、何にでも挑戦していける勇気を手に入れるのか。どっちがいいか自分と会話してみましょう。

自分を変えられるのは自分しかいません。これも私が就職浪人してひきこもりになったから実感できた言葉です。

▼関連記事
私が就職浪人して得た3つのメリット
http://running-traveler.blog.jp/archives/10352237.html
 
自分に自信が無い人へ
http://running-traveler.blog.jp/archives/10716622.html